栃木県がベトナムでPR、知事「全力で強化」

イベント 情報

栃木県の福田富一知事をはじめとする県の経済ミッション団が17日、ベトナム・ハノイ入りした。福田氏の同国訪問は初めてで、22日まで6日間の日程でベトナムとタイの計3都市を巡る。県内企業の進出や観光客の誘致、県産品の販売で両国とのつながりが強まる中、協力関係の深化を図る。

 福田氏は、17日の夜にハノイで開催したベトナムの政府関係者らへの魅力発信セミナーで、「ベトナムへの中小企業の進出が増えており、強化に向けて全力で取り組みたい」と話した。

 今年6月には、中部ダナンで「ダナン栃木法人会」が組織された。正会員は、医療機器の設計・製造などを手掛けるアイ電子工業(大田原市)、パン製品のパン・アキモト(那須塩原市)、理容・美容のビューティアトリエグループ総美(宇都宮市)、精密部品加工のTANOI(鹿沼市)など7社。工業地域のハノイ周辺と合わせ、今後の進出企業数の増加が見込まれる。

 福田氏は「栃木県の外国人労働者数では、ベトナム人が最多となっている」と指摘する。全国では中国人が最も多い。技能実習生などの生活支援にも力を入れていく方針だ。

ソース:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000007-nna_kyodo-asia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です